オプションを追加

パンフレット制作にはオプションも追加できる

自社または自社製品を宣伝するために利用するのがパンフレットです。このパンフレット作成を自ら行うとなる非常に手間と費用が掛かってしまいます。また用途によってもパンフレット制作の仕様も異なってきます。では、パンフレット制作を行ってくれる業者はあるのでしょうか?

結論から言うとそういった業者は存在します。インターネットで検索すれば数多く出てきます。パンフレットなどの商品を納品するまでの流れは、初めに業者に問い合わせをして検討している制作物や業種、デザイン、写真、発行部数、ページ数などを相談します。そして業者の方で一度サンプルを制作して依頼側に確認してもらいます。

そして納得すればそこから本制作という形で納品するための商品を作ります。そして完成したら納品という流れになります。こういった業者が取り扱っているサービス内容は、パンフレットの仕様だと二つ折りのA4/4ページ、巻三つ折りとZ折のA4/6ページ、観音折と外四つ折り、そして中綴じのA4/8ページ、中綴じのA4/12ページとA4/16ページ、A4/20ページになります。これらは全て両面がフルカラーとなっています。

ですが当然取り扱っているサービスや色が白黒なのか一部カラーなのか片面フルカラーなどと内容が異なりますので確認の際は注意してみてください。そしてもちろんパンフレット制作のみではありません。他には会社案内やリーフレット、カタログ、チラシ、ポスターなどと種類も豊富にあります。ですので仮にパンフレットでもなくとも依頼することはできますので安心してください。

取り扱っている部数についてですが、これも業者によって異なり50部から依頼できるところもあれば100部からというところもあります。ですのでやはり事前の確認は重要になります。

またこういったところでは、基本のサービスでは物足りないという方にオプションも追加することが可能で業者に全て任せたという場合は、ディレクターが依頼側から提供された資料をもとに本格的な企画を構成する企画構成や英語の翻訳、自分たちが作成した文書を見直しまたはリライティングしてもらうオプション、業者が依頼側に取材をしその内容をライティングしてくれるオプション、カメラマンによる本格的な写真撮影、スタジオでの撮影または遠方の場合に出張撮影というのも行っている業者も存在します。

他にはスタジオを持っている業者では、そのスタジオをレンタルすることも可能です。その場合は決まった金額が無いということが多いのでほとんとは相談という形になります。

最後にパンフレット制作を検討している際は、専門で行っている業者へ依頼することをお薦めします。こちらの方が安全で安心しますし何より質の高いものが作れます。