商品内容が異なる

パンフレット制作の業者ごとで商品内容が異なる

企業を成長させていくために必要なものの一つにパンフレットがあります。パンフレットには企業のもう一つの顔という重要な役割があります。これによって取引先が増えるのか顧客が増えるのかなども決まります。企業には欠かせないツールの一つなっていますが、作りたい場合はどのようにすればいいのでしょうか?

それは、パンフレット制作を専門としている業者へ依頼することです。ですが、パンフレット制作を業者へ依頼する際は気を付けなければならない点があります。それは、業者によって取り扱っている商品が異なるということです。あるところでは、パンフレット制作のみ、またあるところではパンフレット制作の他に会社案内やカタログ、リーフレットやチラシ、ポスターなども取り扱っているなど。

色については白黒とカラー両方を扱っているところや両面フルカラーのみ、一部カラーのみ、これらすべてに対応できるところと様々です。また依頼できる発行部数にも異なりがあります。50部から依頼できるところもあれば100部からしか依頼できないところ、または発行できる上限についても1000部までしかできないところや3000部や5000部まで発行できるなどと様々です。

パンフレットや会社案内他にカタログ、ポスターやチラシで扱っている仕様についてA4サイズしか対応していないところやB5サイズや他のサイズにも対応しているところと業者によって異なりますので業者への依頼を検討している方は必ず事前にインターネットで詳細を確認することを忘れないでください。また業者によっては快く対応してくれないところも存在しますので口コミや評判などを利用して情報収集を怠らないようにしてください。

パンフレット制作を請け負ってくれる業者では、まず依頼側の業種や制作するパンフレットのデザイン、ページ数、発行部数、写真などはあるのかなどと聞いてくれます。そして自分たちの希望しているデザイン等が決定したら業者側がサンプルを作ってくれて見せてくれます。そのサンプルの内容で良ければ本制作に入ってもらい納得できなければ修正してもらいます。本制作に入り商品が完成したら納品するという流れになっています。ですがこれはあくまでも一般的な流れなので業者によっては独自の流れなどがある可能性もあるので注意してください。

最後にパンフレット制作を依頼する際は、その依頼先の事を事前に調べておく必要があります。商品内容に異なりがあるということもありますが、インターネットで簡単に依頼ができる分リスクも付く可能性があります。ですので評判や口コミなどの情報を手に入れて大丈夫そうなら依頼をするという形にしてください。