アイコンを利用する

パンフレット制作にアイコンを利用することの効果

最近、企業に於いてコーポレートアイコンという言葉が流行しています。これは企業のイメージを端的に示すシンボルマークのようなもので、一目でどのような企業を示すもので有ると同時に、そのアイコンを表示することで企業イメージのアップを狙うものとして注目されています。その為、パンフレット制作に於いてもアイコンを効果的に利用しようという風潮が非常に高まっています。

本来パンフレット制作に於いては、商品やサービスをより多くの人に知ってもらい、最終的には販売につなげるという目的があり、その目的を達成するためのデザインやレイアウトが工夫されて制作されるものです。その為、多くの場合に於いては商品やサービスが適合されるビジネスシーンや、実際に使用された効果などを前面に押し出し、その内容を記載するのが一般的です。

しかし、技術が標準化され、同じような効果を得ることが出来る製品が各社から発売されている現代では、商品の効果を記載しても他社と同じような内容になってしまい、企業の独自性が薄れてしまうことになります。顧客は同じような製品で有れば信頼できるものを購入するか価格の安い物を購入する傾向があるため、そのような内容のパンフレットではなかなか顧客の興味をその商品やサービスに引き付けることができません。

そこで効果が有るのがコーポレートアイコンです。企業にはそれぞれ企業イメージがあります。アフターサービスが行き届いている企業も有れば、コストパフォーマンスが高い企業も有り、人それぞれに企業に対して持つイメージが異なります。その上で、多くの顧客が自分がファンである企業を持っているものです。その為、パンフレット制作に於いてコーポレートアイコンを利用することで端的に企業イメージを表現することが出来、限られたページの中で多くの事を訴求できる効果を生むのです。

パンフレット制作を効果的に行うためには、全ての事をパンフレットの中で訴求することは避けるべきですが、より多くの情報を詰め込み訴求したいという思いも捨てきれないものです。その為、必要以上に文字や説明を記載してしまうことがありますが、これはパンフレット制作としては逆効果です。コーポレートアイコンを効果的に利用し、既に顧客に浸透している企業イメージを効果的に伝えることで、複雑な説明や押しつけがましい宣伝文句を記載しなくても、より多くの情報をパンフレット内に盛り込むことができるのです。